初音ミク/ボーカロイド

1 :ウィンストンρφ ★:2014/02/03(月) 21:50:03.40 ID:???

北海道の新名物みやげとして大人気の海洋堂製カプセルフィギュア「北海道フィギュアみやげ」の第3弾が5日から新千歳空港で発売される。海洋堂(大阪府)の精巧なフィギュアはファンが多く、今回もヒット商品となりそうだ。 

北海道フィギュアみやげは平成24年1月に発売し、あまりの精巧さに、観光や出張の利用者が買い求める人気商品となっている。

 第3弾は、北海道らしい
「イトウ」「サラブレッド[ディープインパクト]」「さっぽろテレビ塔」「札幌市電」「スキージャンプ」「松尾ジンギスカン」「初音ミク(with 雪ミク2014ver.)」の7種類で、いずれも価格は400円。 

イトウは、幻の魚とも呼ばれ、今回は捕食シーンとなっている。

 松尾ジンギスカンは北海道を代表するブランド、松尾ジンギスカンをトングで持ち上げている状態を立体化したもので、細部にこだわっている。スキージャンプは空中に浮いた状態を表現するために、つる方法を採用した。 

前シリーズで注目された初音ミクは「魔法少女」をテーマに一般公募された衣装デザインの雪ミクが小さなペットとともに登場する。

「材料の高騰もあり、今回から400円に値上げしますが、十分価値のあるものです」とケンエレファントの珊瑚和範部長は話す。

商品はは新千歳空港内の14カ所にある専用カプセルマシン(いわゆるガチャガチャ)だけで買うことができる。


▲「北海道フィギュアみやげvol.3」の初音ミク


▲北海道フィギュアみやげvol.3」の勢揃い


ソース:MSN産経
http://sankei.jp.msn.com/life/news/140203/trd14020318030011-n1.htm



momomo_20140201_01

1 :あやめφ ★:2014/01/31(金) 19:47:02.81 ID:???

AHSは、北海道・女満別空港ビルの応援キャラクターとして、同社VOCALOIDキャラクター「結月ゆかり(ゆづきゆかり)」が選ばれたと発表した。 

 「結月ゆかり」はVOCALOMAKETS社が制作したキャラクターで、現在はAHSが開発・発売する「VOCALOID3 結月ゆかり」や「VOICEROID+結月ゆかり」といった製品のキャラクターとして活躍している。 
 


今回の決定においては、キャラクターや製品自体の人気はもちろん、声を担当している声優・石黒千尋氏が北海道の出身であることや、国内だけにとどまらず国外に対しても潜在的な成長性があることなどが評価されたといい、今後は女満別空港を中心としたオホーツク地域のさらなる知名度向上が期待されているとのこと。 

 これに伴い、2月4日より女満別空港ビルの館内アナウンス(航空会社によるものを除く)を結月ゆかりが担当することも決定。女満別空港をベースに、地域の情報発信に活躍する予定だという。また、空港ビル内には同キャラクターの等身大パネルが展示されるほか、到着ロビーにも大型ポスター3種が掲示されるとのこと。さらに今後は、女満別空港をテーマとした楽曲の公募をはじめ、関連作品の展示、地域観光資源・イベントの紹介といった展開も計画されているという。 


AHS 

http://www.ah-soft.com/press/voiceroid/0130.html

ソース:マイナビニュース

http://news.mynavi.jp/news/2014/01/31/158/



1 :たこやきφ ★:2013/12/23(月) 23:33:06.28 ID:???

千葉市の市章が人気ボーカロイド「初音ミク」に似ていると話題を呼んでいる。
 熊谷俊人市長からも「言われてみれば確かに…」とツイートが投稿され、「もうミクにしか見えんwww」とファンは盛り上がっている。 



市長「人間の想像力って凄いですね」

話題の市章は、中央の十字の上に丸、両脇に月が描かれたデザインだ。
1921年の市制移行を記念して、ゆかりの大名、千葉氏の家紋に「千」の字を入れて作られた。

 「丸」が頭部で、千の字が胴体、両脇の月はミクのチャームポイントであるツインテールのお下げ髪に見えてくる、ということらしい。 
市章が緑色であることも、ミクの頭髪やコスチュームの色を連想させるようだ。

熊谷市長がこの件についてツイートしたのは2013年12月21日。
 
「我が千葉市旗が初音ミクに見える、とネットの片隅で話題になっているとのこと。言われてみれば確かに…」と書き込んだ。 

もともと誰が言い出したのかは不明だが、
市長は「緑色であることもポイントでしょうか。
人間の想像力って凄いですね」と感心した様子だ。



■千葉市でミクイベント開催を期待する声

 2000件近くリツイートされた市長の投稿により、ミクファン以外の層にも話題となり、「もう初音ミクにしか見えない」、「思ったより似てたw」とツイッターなどで賛同する人が相次いだ。 

 また、市長が直接言及したことで、千葉市でタイアップしたイベントが行われるのではないかと期待をする人もいる。

実際に、各地の自治体ではミクを使ったイベントや町おこしが実施されている。
 神奈川県伊勢原市はミクが歌う市のPRソング「We Love ISEHARA!」を11月に発表し、大分県別府市ではプロジェクションマッピングなど、ミクを起用したイベントを来年1月まで展開中だ。 
  同じく千葉県の松戸市でも、赤い羽根共同募金のキャンペーンとして、ミクがデザインされたクリアファイルが10月に配布された。 
  ネット上では、「千葉でミクさんイベントを私達市民のためにお願いします!」、「千葉市は初音ミクとコラボすればいい」と一部で盛り上がりを見せている。 
12月23日夕現在、千葉市主催の関連イベントの開催は発表されていない。


ソース:J-CASTニュース

http://www.j-cast.com/2013/12/23192591.html


記事検索