映画

momomo_20140205_03

1 :あやめφ ★:2014/02/04(火) 15:33:56.58 ID:???

昨年18年にわたる連載を終えた人気漫画「頭文字D」の新劇場版アニメ映画が、3部作となることが明らかになった。第1弾のタイトルは『頭文字D Legend1-覚醒-』となり8月23日より全国公開。主人公・藤原拓海の人生を大きく変えることになる、高橋兄弟との壮絶な公道バトルを描く。 

 原作は週刊ヤングマガジンで連載された、しげの秀一による人気コミック。峠道における自動車の公道レースをテーマに、群馬県で豆腐屋を営む父親の愛車・AE86型スプリンタートレノ(ハチロク)を駆る拓海が、最新スポーツカーに乗るライバルたちを撃破していく姿を描く。迫力のレース描写と若者たちの青春模様を交えた構成が人気を博し、単行本の累計発行部数はおよそ4,800万部を突破。テレビアニメも大ヒットし実写版映画も製作された。 

 昨年7月、連載が最終回を迎えるタイミングで、原作最後のバトルをアニメ化する「頭文字[イニシャル]D Final Stage」の製作が発表。そして、過去のシリーズとは一線を画した物語が描かれるという、新劇場版の製作も明かされていた。 

 その新作映画の第1弾では、後に拓海が選抜チーム「プロジェクトD」としてタッグを組むことになる、高橋涼介と高橋啓介の兄弟との戦いが展開。原作やアニメでも人気の高いエピソードがスクリーン上でどのように描かれるのか期待したいところ。脚本は「夏目友人帳」などの関島真瀬、監督はアニメ「鉄(くろがね)のラインバレル」の日高政光が務める。 



頭文字D

http://initiald-movie.com/

ソースシネマトゥデイ

http://www.cinematoday.jp/page/N0060253


momomo_20140201_05

1 :オムコシφ ★:2014/02/01(土) 11:39:34.15 ID:???



  “はがない”の愛称で知られる人気ライトノベルを実写化する映画「僕は友達が少ない」(及川拓郎監督)が1日、公開された。2度にわたり、テレビアニメ化された人気作の実写化ということもあり、公開前から話題になっている同作は、主人公・羽瀬川小鷹役に瀬戸康史さん、ヒロイン・三日月夜空役に北乃きいさんを起用するなど、キャストも注目を集めている。「注目されるのはいいなと思う。それが批判でも」と言い切る北乃さんに映画について聞いた。 

(中略) 

  原作は大ヒット作だが、北乃さんはその存在を知らなかったといい「ラノベ自体を読んだことがないんです。だからプレッシャーはなかった。私が出演している作品をめったに見ない友だちが『はがない』のことを知っていて、『見に行くね』と言われた。(完成した)今の方がプレッシャーがありますね」と話す。 

  出演が決まり、撮影が始まっても、監督から「原作を読まないように」と念を押され、脚本や監督の話を頼りに役作りをしたという北乃さん。夜空は、常に不機嫌そうで、クラスから浮いている……というキャラクターで「素は夜空に近いんです」と明かす。「ローテンションで人見知り。子どものころはお祭りが好きだったりしたけど、高校生くらいになると、人混みが苦手になったり……。カバンを持つシーンで、監督に『夜空と一緒だ』と言われたり、そういう偶然が多かったんですよ」と共通点が多かったこともあり、自然に役に入っていけたようだ。 
 一方で「人間って1カ月、笑わないとつらいんだな……と思いました。超キツかったです。笑うと体が元気になるっていいますからね」と苦労も多かったという。 

  撮影終了後、北乃さんは「はがない」のアニメ版を見たといい
「学生のときに出合いたかったです。ハマったでしょうし、考え方も変わったと思います」とすっかりファンになった様子。自身が演じる夜空と原作の夜空については「若干違うところはありますよね……」といいつつも、「(スタッフなど)みんなこの作品が好き。私たちも愛情を持っています。監督も愛がある。中途半端ではなく、できることは全部やった。何年たってもこの作品が好きだと思います。本当に面白い。だから、批判があってもそこまで気になりません」と自信を見せる。 

 また、撮影現場では「みんな仲がよくて、よくしゃべってた。
 これまでは、現場では(共演者と)あまりしゃべらなくて、話さなくても仲がいい役はできると思っていた。でも、(話をすると)もっといいものになるんだと思うようになりました。 
自分から話をするようになって、夜空のように変化した」と役を通じて成長できたという。

  大好きな作品と出合い、成長した北乃さん。最後に今後の目標を聞くと「未来は考えようとしない。家庭を持ったら、未来を考えないといけないですが……。今は守るものがないから、今を生きることができる。
先を考えるのは、結婚してからでいいかな?」と笑顔で語った。 


ソース:ニコニコニュース

http://news.nicovideo.jp/watch/nw935011

映画『僕は友達が少ない』公式サイト

http://www.haganai-movie.jp/


momomo_20140116_01

1 :あやめφ ★:2014/01/16(木) 08:04:18.00 ID:???

 実写映画『魔女の宅急便』の黒猫ジジの声を、「けいおん!」の琴吹紬役で知られる声優・寿美菜子が務めることが発表された。主人公キキ(小芝風花)の相棒であるジジは、角野栄子の原作や宮崎駿監督によるアニメ版でも屈指の人気を誇るキャラクター。寿は「まさかと思いました。自分が出られるなんて思ってもみなかったです」とジジ役に決まった喜びを語っている。 

 寿は、「けいおん!」の劇中で結成したユニット「放課後ティータイム」として第4回声優アワード歌唱賞を受賞したほか、声優ユニット・スフィアとしても活躍する若手人気声優。 
 「『魔女の宅急便』はいろんな人が観てきている作品で、その分(清水崇)監督たちも悩んでキャスティングしたっておっしゃっていたので、ちゃんと監督の思うジジになれたらいいなって思いました」と周囲の期待に応えるべく、この大役に挑んだという。 

 ジジは“男の子”だということを特に意識したといい、「ジジは時にキキのお父さんになったり、おじいちゃんになったりと、いろいろなポジションに立つ存在なので、シーンごとにパターンを考えて演じるようにしました」と収録を振り返っている。キキ役の小芝が「寿さんの声がかわいくて、現場で想像して会話していたジジとピッタリでした。完成版を観て『わたし、ジジと会話してる!』ってすごく興奮しました」と大絶賛する寿版ジジに注目したい。


 映画『魔女の宅急便』は、角野の同名児童文学を初めて実写映画化した作品。

一人前の魔女になるために親元を離れ、海辺の町コリコを訪れた少女キキが、個性豊かな住人たちとの交流を通して成長していく姿を描く。出演は、広田亮平、尾野真千子、宮沢りえ、筒井道隆、浅野忠信、新井浩文など。 




魔女の宅急便(音出ます) 

http://www.majotaku.jp/

シネマトゥデイ
http://www.cinematoday.jp/page/N0059681


記事検索