話題

1 :yomiφ ★:2014/02/05(水) 11:08:20.63 ID:???



 ネット上で突如「ゼミママ」なるブームが新たに巻き起こっています。事の起こりは、Twitterに、投稿された一枚の画像。 

 ベネッセコーポレーションが展開する『進研ゼミ』の勧誘漫画で、漫画家の成家慎一郎さん描くお母さんが「やりきれるの?」と息子に聞いているシーンが投稿され、お母さんの雰囲気が姉ヶ崎寧々(恋愛シュミレーションゲーム『ラブプラス』に登場する人気キャラクター)似だったことや、そのセリフ単体からイメージされるものから、妄想たくましいネット民らが強烈反応。 

さらには、イラストを得意とする絵師さんらにより2次創作されるまでに人気が発展。
 ニコニコ静画などのイラスト投稿サイトには、「やりきれるの?」というセリフとともに多くのイラストが続々投稿されなどしています。 

 ちなみに、事態に気づいた成家慎一郎さんが、自身のブログ「4 1 6 H O M E」で、今回の件について新たに描き下ろしたお母さん画像とともに、こんなコメントをしています。 

 
「受け止め方は個人の自由ですが、出回っているものはコラ画像です。あんな台詞は描いたつもりないので信用しないで下さい。」とのこと。コラージュ画像は色々出回っているのでどのセリフかは分かりませんが、一部にはお母さんのセリフで「エッチ」というものがあるので、恐らくそのコラージュ画像を指しているのでは?と思われます。 

 色々混乱はありますが、このブームまだまだ勢いをみせており、当面「ゼミママ」がネット上の人気をさらいそうです。 


ソースおたくま経済新聞

http://otakei.otakuma.net/archives/2014020308.html


コトブキヤ宣伝@kotobukiyas 
"進研ゼミの漫画に登場するお母さん"関係者の皆さん、おはようございます。
お宅の奥様をモデルにお客様が喜ぶ商品展開を検討しております。
このツイートをご覧になられましたら、ご連絡いただきたく、お願い申し上げます。
"進研ゼミの漫画に登場するお母さん"関係者の皆さん、おはようございま…

https://twitter.com/kotobukiyas/statuses/430485092612321280

momomo_20140204_06

1 :オムコシφ ★:2014/02/04(火) 07:29:29.96 ID:???

TVCMは様々な商品を紹介する上で大きなメディアのひとつですが、ゲーム作品もTVCMで頻繁に見られます。インターネットが普及するまでは、新作情報を取得する方法としてこのTVCMや雑誌などが発信する情報に頼るゲーマーも多かったかと思います。 

海外サイトGame InformerではそのTVゲームCMに着目し「TVゲームのコマーシャルは購買意欲を掻き立てるか?」といった質問を読者へ投げかけています。

最も多い解答は「No」。
 理由も多くの解答が共通しており「CMが流れている頃には、既に古い情報になっていることが多い」、「映画のようなトレイラーになっていて、実際のゲーム画面ではない映像が多く、買う気にはならない」とのこと。 

 確かに小誌も含め様々なゲームサイトが多い中、最新情報をキャッチする網を張っているゲーマーの皆さんにとっては「既に観たことがあるトレイラーだ」、「より詳しい映像が既にYouTubeなどに上がっている」となどといった感想が出てくるかと思います。 

 しかしながら一部の解答者の中には「既に情報は持っているが、CMによっては興奮させてくれるものもあり、購入に至ることもある」といった解答もあり、例えゲームサイトを常にチェックしているゲーマーであっても、買う意欲を高めるものではある、としている人も見受けられました。 

 日本国内では、昨年末に発売された『ゼルダの伝説 神々のトライフォース2』のCMにスチャダラパーが出演。軽快な音楽と共に新規ファンを魅了していましたが、スチャダラパーは当時SFC『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』のCMにも出演していたため、既存ファンを喜ばすCMにもなっていました。 

 このように新規ファンを取り込むためだけにCMを展開するだけでなく、既存ファンの購買意欲を上げるためのCMも増えることで、先述の海外ユーザーや皆さんの意見も変わってくるのではないでしょうか。 


ソース:Game*Spark

http://www.gamespark.jp/article/2014/02/04/46138.html


momomo_20140204_02

1 :オムコシφ ★:2014/02/03(月) 22:45:35.54 ID:???

 アメリカ発の人気キッズアニメ「マイリトルポニー」を、日本の萌えアニメ風に擬人化した「マイリトルアニメ」が、YouTubeで世界各地のアニメファンから高い評価を受けていました。 



 制作者は、スウェーデン在住のカールさん(19歳)。
「ラブライブ!」「NARUTO」「涼宮ハルヒの憂鬱」といった日本のアニメを参考に作ったそうです。よく見ると各シーンに元ネタの影響が散りばめられています。
コメント欄には「このアニメなら絶対に見る」「驚きだ」「本当に19歳?」「公式にすべき」など、投稿から1日で約1000件寄せられていました。

  ちなみに、マイリトルポニーの擬人化については、公式からも昨年にシリーズ30周年を記念したスピンオフ作品「エクエストリア・ガールズ」で行われています。 




 マイリトルポニーは元々、米ハズブロが1980年代から展開する子馬の玩具シリーズ。近年はアニメが人気で、日本でも昨年から「マイリトルポニー~トモダチは魔法~」が放送されています。登場キャラは、ユニコーンやペガサスの女の子なのですが、本作ではこれを萌えキャラに擬人化!さらにアニメのオープニング映像にしています。

[マイリトルアニメ] My Little Anime - Galaxyart


http://youtu.be/vpGZY3fJjZ0


ソースねとらぼ

http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1402/03/news141.html


記事検索